還元粋シリーズを自信を持って大切な方にお勧めしたい、 そしてお客様から信頼され、安心してご愛用頂く為に不可欠なモノ…。
それは「科学的・医学的な裏付け」であると私達は考えております。

水素水を科学的な視点から研究し、世界中に論文を発表する白畑教授。 医療の現場で、臨床を通して水素水の持つ力を証明する河村院長。
13年前、このお二人との出合いにより私達の思いは実現しました。
延べ累計約17万世帯への普及(2013年3月時点)はお二人のエビデンスに支えられての実績であると言っても過言ではありません。
そして過去のTVご出演をはじめ、論文の執筆や国内各地での講演など現在もなお精力的に活動される姿に国内外多くの科学・医学関係者から注目を集めています。






電解水素水との出会い、そして研究を進める中での一番の着目点を簡単にご説明しています。


詳しい内容、続きは講演会にて!
奄美大島名瀬市出身
1978年九州大学大学院農学研究科食糧科学専攻博士課程修了
米国オレゴン州立大学の生化学生物物理学科に訪問助教授として留学
1989年から九州大学助教授、現在は九州大学院農学研究院生命機能科学部門教授
1997年㈱日本トリムとダブルオートチェンジクロスラインシステムを共同開発
2012年スウェーデンのカロリンスカ研究所との共同研究による国際論文を発表
1938年山口県生まれ
神戸大学卒
医学博士
NPO法人 総合医療と健康を考える会 特別会員
早くから日本トリム社製電解水素水の効果に着目し、85年から糖尿病やアトピーなどの医療現場に取り入れる。
現在、その臨床報告により医療機関に留まらず多方面から注目を集める存在となる。




何故、医療現場に電解水素水を採用したのか、
そのいきさつと水素水がもたらすであろう
効果・価値についてお話頂きました。


    詳しい内容、続きは講演会にて!
    
お客様・販売店様に向けて、全国各地にてお二人の講演会が開催されています。 約2時間にわたる情熱的かつ分かり易いお二人の講演はきっと水素水への関心・信頼をより高めてくれるはずです。 お近くにて開催の際は是非ご一緒にこの貴重な時間を体験しましょう。